企業情報

昭和32年(1957)
大阪市天王寺区勝山通に於いて創業。
足踏み式シール機、名称「ヒート・シール機」を研究し、その後製造販売を行う。
昭和34年(1959)
大阪市東住吉区平野市町に工場を移転。
駆動式シール機、名称「ミニ・オート・シール機」を製造販売。
昭和36年(1961)
ベルトコンベヤを併用し、世界初の包装袋横送り専用機の、オート・シール機を開発。
名称を「セミ・オート・シール機」とし、のちに通商産業大臣賞を受賞。
この後、日本及び世界のベルト・シール機の原形となる。
V型コンベヤを開発し、シール包装の合理化を推進。
枕、座布団などの発泡ウレタン専用シール機を開発し、製造販売。
昭和38年(1963)
大阪府八尾市青山町に工場を移転。
昭和43年(1968)
ベルトコンベヤを併用した、世界初の包装袋縦送り専用の、オート・シール機を開発。
名称を「ハイ・オート・シール機」とする。
これにより、液体、粉体などのシール包装が飛躍的に安易になる。
昭和46年(1971)
企業の発展を期し、社名を「シール工業株式会社」に改組。
包装縦横兼用のオート・シール機を開発。名称を「フル・オートシール機」とする。
昭和48年(1973)
横浜市保土ヶ谷区狩場町に、横浜営業所を開設。
福岡市東区箱崎に、福岡営業所を開設。
昭和50年(1975)
インク式日付捺印機を開発。名称を「デート・プリンタ」とし、全オート・シール機に装着。
この10年間、専用機・兼用機、併設機など、10数種類開発。
昭和52年(1977)
広島県福山市木之庄尾の上に、福山営業所を開設。
昭和54年(1979)
大阪府八尾市中田3丁目8番地に、鉄骨3階建ての本社営業所及び製造工場を建設。
昭和55年(1980)
本社新社屋完成。年頭より営業業務及び製造開始。
昭和56年(1981)
横浜市保土ヶ谷区今井町へ、横浜営業所を新築移転。
昭和57年(1982)
福山営業所を、広島県尾道市高須町大新に移転し、広島営業所として開設。
名古屋市名東区猪高町猪子石新引山に、名古屋営業所を開設。
営業業務と製造業務を分割し、製造部を「シール機械株式会社」として設立。
代表取締役には、守部 浩が兼任。
平成元年(1989)
名古屋市東区引山に、名古屋営業所の住所変更。
仙台市若林区沖野に、仙台営業所を開設。
平成2年(1990)
会長に守部 浩が就任し、代表取締役に守部 寛治が就任。
名古屋営業所を閉鎖し、仙台営業所を、栃木県佐野市大橋町に、移転開設。
横浜市保土ヶ谷区藤塚町に、横浜営業所を移転。
宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋に、「シール,機械株式会社 宮崎工場」新社屋が完成。
平成7年(1995)
横浜市旭区金ヶ谷に、横浜営業所を移転。
平成13年(2001)
広島営業所を、広島県福山市南蔵王町に移転。
平成14年(2002)
栃木県佐野市大橋町に栃木営業所を移転。
平成20年(2008)
横浜市旭区東希望ヶ丘に横浜営業所を移転。
平成23年(2011)
シール機械株式会社を解散し、シール工業株式会社に吸収合併
平成27年(2015)
本社新社屋建設。10/21より営業業務及び製造業務を開始。

以上をもって現在に至る。